【HERMANA】つかみとった確かな自信

東京都U15選手権大会ベスト16進出☆
日曜日・・・凄まじい横殴りの雨、台風かと思うような突風、まるで田んぼのようにぬかるんだグランド。
5-0。。。
毎日一緒に過ごしてきた私たちも驚くような光景がピッチで繰り広げられました。

...

前半、追い風を味方につけたフィジカルにものを言わせて縦パスをどんどん放り込んでくる相手に対して守備では真っ向勝負。
ボールを奪ったら向かい風に無理に挑むことなく、丁寧に、着実に、思いやりのあるポゼッションで運んでいく。

そして奪った、先制点。
練習を重ね続けた当てて落として3人目の裏、からのキーパーと一対一で横パス。
たったひとりでは生み出せない得点、表現できない形。
身体が小さくても、フィジカルで勝てなくても奪える得点パターン。

後半は一方的な展開に。
圧倒的なポゼッションをもとに相手を完全に押し込み切り、中央から、サイドから、セットプレーから、つかみどころのない多彩な攻撃で得点を重ねていきました。

ホメすぎかな?笑

私たちも、合宿や先週の練習試合で、確かな成長を感じていた。
必ず勝てると信じていた。
そして、その通りになった。

でも、それ以上に価値のある何かが心の中で踊っている。

このチームはどこまでいくんだろう。
今日もピッチ上の半分以上は入団2週間のベイビーたち。
中3が2ゴール1アシストで結果を残し、中2が常にチームを支えている。

ワクワクが止まらない。
ソワソワをおさえきれない。

次は強豪修徳中学校。
2ヶ月前には0-6で手も足も出ずに完敗した相手。

どこまでやれるようになったんだい。

噛みついてやろう。
挑戦者であることは間違いない。

でも、本気で勝ちに、食いに行きますよ。

さぁ、一気に階段を駆け上がろう。

※あまりの強風豪雨で今日は写真を撮ってません!ごめんなさい。ちょと過去の写真を・・・