【LIGAR】5年生 JA東京カップ1ブロック予選

だいぶ焦げてきた芹沢です…

会場に着いてすぐ、衝撃的な話を聞かされる…
「31度を超えると、大会が中止になるらしい」

私が把握していなかったというのが実際のところなのですが
まさか、そんな時代が来るとは
熱中症対策なわけですが
これから全てのカテゴリーで、夏場の試合が減っていくようです…

たまたま最近読んだ記事で、海外では子ども達も夏はサッカーがオフになる
というのを見ていたので、日本人は少し真面目すぎるのかなとも感じていて
個人的には、この流れも仕方のない事なのかなと思います。

怪我に対してもそうですが、根性論の時代は終わり
『安全』を確保した中でスポーツを楽しむ。
今年と来年ぐらいまでは、慣れるまで大騒ぎだと思いますが
適応していかないといけませんね


とりあえず、2試合目なので初戦は問題なく出来そうだという事で
ベスト16の戦いです。

体調不良だったショウゴが復帰して
やっと全員が揃いました
14名+シュンスケ

カイが応援に来てくれたと
子ども達は喜んでおりました
他にも、学年を越えた応援。感謝しております


JA東京カップ・1ブロック予選
決勝トーナメント1回戦(ベスト16)

vs梅一FC’78
3-0(アイト、リョウイ2)

※勝利でベスト8に進出です


冗談を言うと…
この子達は人生で、予選を勝ち上がった経験が
KSCカップしかないわけで
『3つ勝ち切る』というミッションが
なんとも不安でモヤモヤした時間でした…

『よ~し、やっと来たよここまで』

GROWさんと、ベスト4をかけた戦いです
中央大会出場チームは3チームなので最初の関門です

思えば、3年生の最初に
初めて対戦した強豪チームがGROWさんで
全く何もできずにボコボコにされました

そこから何度か試合もしていますが
大いなる野望に向けて、越えないといけない相手ですね


テンションを上げて
気合いの入ったアップを終えて
ポジションを確認して
子ども達と作戦を話し合って

『さあっ、勝ちに行くぞ~~~』




「すいません。中止になりました…」



えっ………?



???



ええええっっっ~~~


いや~、ビデオに撮っておきたかったぐらい
一生笑える、そんな瞬間でした。(笑)