【振り向くな、君は美しい】

最近は、走ってます。
走り、駆け抜けています。
己を、磨くため。
己を、創るため。...
昨日の自分を、越えるため。

新しいチームになって、もうすでにいろんなことがありました。
「背負う」ということは、こんなにも辛く、重く、苦しいものなのか。

今までも、全力だった。
貫いてきた。

でも、もう、それじゃ納得できないんだよね。
去年の自分の100%なんて、今のみんなにとっては30%の手抜きのあほんだらだ。

求められて、這いつくばって、追い付けなくて、悔しくて、情けなくて。
辛くて逃げたいけど、痛くてやめたいけど、そんな弱い自分が出てきたときにハッと気付く。

「一人じゃない」

手を抜いたとき、目の前を駆け抜ける背中が引っ張ってくれる。
下を向いたとき、背中を叩いて突き出してくれる。

そう、もう、これまでのうわべだけの仲良しこよしチームじゃない。
お互いを高めあうために、勝つために、そして、仲間を守るために、強くなるんだ。

毎日毎練習、こみあげてきて止めることのできない溢れる涙は、必ずあなたを強くする。

振り向くな、君は美しい。

さぁ、今日も光輝く未来に向かって走り出そう!!(^ω^)